レシート撮影必要なし!paymoで割り勘もいいけど、AnyPayで会費制って手もあるわけですよ。

更新日:2017年5月22日

レシートがないと割り勘できないpaymo

先日友人と何名かでレンタカーを借りてドライブしたんですよ。で、高速道路を使ったんですけど、ETCなんでレシートもらえないんですよね。他にもレシートもらい忘れちゃったのがいくつかあって…結局paymoで割り勘できなかったんです。paymoってちゃんとレシートを撮影して送らないと取引がキャンセルされちゃうんですよね。実は筆者も、飲食店で撮影した伝票に必要な項目が記載されていなくてキャンセルされちゃったことがあるんですけど、結構厳しいみたいなんですよね。

AnyPayならレシートいらずで決済できる

そこでpaymoをやってる会社がやってるもう1個のサービスを試してみたら結構簡単だったので紹介。
AnyPay

英会話とか塾とかダンス教室…ピアノ教室…そういうレッスン代の集金に使えたりします。月額課金にもできる。

飲み会・パーティの集金とか。勉強会とかワークショップみたいなイベントにも使える。

ダウンロードコンテンツの販売に。購入したらダウンロードのURLが送られてくる感じ。

中古品とかハンドメイドの商品の取引に。集客機能がついてないメルカリみたいなもんです。

AnyPayは特に審査とかないのですぐに使い始められて、すぐに決済の窓口が開けちゃう。
レシートの撮影とかわずらわしい作業もなくて、商品作るのもめちゃくちゃ簡単。

商品の作り方

ログインしたら「商品を作成する」

作りたい商品の種類を選んで

商品名とか値段を入れるだけ。簡単!

作ってみた

試しにこんなの作ってみました。
テクニカルクリエイター.comへの投げ銭
YouTuberやブロガーさんとか…あとアイドルの方とか!活用されてみたらいいんじゃないですかね?

今なら決済手数料無料

今はキャンペーン中なので決済手数料無料。売上金の引き出し時には200円の手数料がかかるみたいです。ちなみにpaymoと同じアカウントで利用できるので、paymoで貯めたポイントをAnyPayの支払いに使ったり、またその逆もできたりします。今はVISA・Masterカードしか取り扱っていないので、今後他のカードも増えるとより利便性も高まるのでは。とりあえず飲み会のときにでも試してみてください!

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『気になるプロダクト』の記事