ついにSketch上でPrototypeの作成が可能に…!待ってました、Craftバージョンアップデート!!

更新日:2017年5月18日

今日は最新のSketch44のことを書こうと思ったんですがね…出てしまいましたね…
CraftのPrototype機能が!!!

昨年の3月にInVisionに買収されたSilver Flows。
今は「Craft」という名前でアップデートを続けています。
最初のコンセプトムービーではプロトタイプを作成する様子が流れていたため、いつ出るかいつ出るか…と、首を長くして待っていたわけですが…
ついに今日のアップデートで、Prototype機能が正式リリースされました!!!

参考記事
InVisionにSilver Flowsがジョイン。彼らが描く未来とは?

早速使ってみた

インストールしたらCraftプラグイン内にカミナリマークが表示されました。クリックするとプロトタイプ機能が有効になります。

サンプルの画面を作ってみました。StartページからGoalページに遷移するようにしてみたいと思います

ボタンになるレイヤーを選択して、キーボードの「C」を押すと矢印が出てきます。

遷移先まで矢印をのばします。

「Link to Screen」か「Link as Overlay」が選べるので、とりあえず今回はOverlayのほうで。Transitionの種類も選べます。

画面がつながりました。

Sync機能を使ってInVisionにアップします。

InVisionでプロジェクトを確認します。

プレビュー画面です。STARTボタンを押すと…

画面遷移します。

なるほどー便利そうだ!

今までSketch上で画面遷移をつけることはできませんでした。それがついに今回のCraftのアップデートに可能になったわけです!これは便利…!
ただまだまだというところもあります。プロトタイプの編集はSketch上でしかできず、InVision上では編集できません。またプレビューについてはSketch上ではできず、InVisionでしか確認することができません。Transitionについてもちょっと微妙…?

今回のアップデートはSketchとInVisionの進化の過程に過ぎないのかも。そしてその後ろにはAdobe XDが少しずつ近づいてきているわけで…。さらなるアップデートに期待です!

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹

Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。


Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『デザインツール』の記事