メルカリ×旅行?!旅のストーリー共有アプリ「mertrip」を使ってみた。

更新日:2018年11月9日

mertripは、メルカリの100%子会社である株式会社ソウゾウが先日リリースした「旅のストーリー共有アプリ」です。
最近何かと話題に多く上がる旅行系プロダクト。ついにメルカリも旅行業界に手を伸ばしてきたようですが、大々的な宣伝もなくコッソリとリリースされていました。一体どのような内容なのか?旅行業界で働いていた私が実際に使ってみました。

使い方の概要

アプリの概要は、旅の写真から位置情報を割り出し文章をまとめて「旅ストーリー」を投稿することができます。他の人のストーリーも見ることができ、お気に入りはまとめておけます。こうしてみんなの旅を共有し、次の旅をより楽しくしていこうというコンセプトのようです。

ストーリーは写真を撮った日時と位置情報(事前に設定しておく必要があります)から、アプリが勝手に内容をサジェストしてくれます。

内容を編集するページで詳細を入力し、投稿することでチップが貰える流れです。だいたい写真が3枚程度で15チップほど貰えます。(写真にコメントを入れたり、写真を多くすることでチップの数を増やせます。
チップについてまだ具体的な使用内容は案内されていませんが、メルカリの商品などに使えることは無いそうです。これからソウゾウが開催するイベントやノベルティグッズと交換ができるように特典を用意する予定だそうです。

良いところ

地図の挙動が面白い

見ている日程と上部の地図が連動して動く仕組みになっています。場所と写真が一致するのは非常に面白く、良いUIだと感じました。

ストーリー作成はオフラインでもできる

海外旅行時や飛行機の中など、電波の届かない時間を活用してSNSへの投稿を編集する方も多いと思います。このアプリは電波が届かなくても使用できるので、空いた時間で軽く編集できます。

ユーザーによってフォーカスする観光地が様々

多種多様な投稿があるので、飛行機を使った旅行から近所の観光地にちょっと遊びに行った投稿まで色んなパターンが見られます。実は知らなかった近所の美味しそうなお店や、住んでる土地の面白スポットなど、新たな発見と出会いやすくなっています。
ユーザーの考える旅行を大事にしたいのであれば「既存ツアーにはないけど自分ならこういうツアーを作ってみたい」などの、プランニング目線の企画を打ち出してみても面白そうです。

微妙なところ

基本情報がつかめない

旅のヒントにするには情報が少ない気もしました。どの部分で費用を抑えたのか、乗り換えなどはどうだったかなど「旅をするにあたり気になるところ」というのはたくさんありますが「ただ旅を共有するだけ」であれば、SNSや他の旅行情報サイトで事足りる気もしました。

検索機能が欲しい

今は色んな観光地が国内・海外・新着と分かれているだけで、行きたい場所のソート機能はありません。行き先を決めている人にとっては欲しい情報がすぐに見つけられず少しモヤモヤしてしまうかもしれません。

使ってみての感想

メルカリの子会社から出ているアプリということで、全体のクオリティや細かなUIの動きはさすがとも言えますが、肝心のプロダクトの中身自体が発展途上な部分が目立ちました。
ですが、全国各地のユーザーがおすすめスポットや美味しい飲食店をフォーカスすることで、大手の旅行代理店が目をつけないようなスポットも日の目を浴びることができます。これにより地方観光の活性化などにも繋げられ、代理店に依存しない気軽な旅行が増えていくかもしれません。そうした意味では旅行業界に良い意味で刺激を与えられる存在となれそうですね。

また、旅行業界の人でもツアーコンダクターの方がこういったアプリを使ってみても面白いと思います。プロだからこそ知っている期間限定情報や美味しいスポットなど、色んな人達に共有ができますしプロとのコラボ企画も非常に面白そうですね。
これからどんどん機能が充実していくと思いますが、一体どのような施策を出していくのか注目していきたいです。

詳細はAppStoreから

旅行好きかつ、他の人の旅日記に興味がある方は、ぜひダウンロードしてみてください!

@moriom_d 書き手: もりむし
未経験×独学からデザイナーになりたくてなった人。 フルスタック修行中。
Twitter: @moriom_d

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『気になるプロダクト』の記事