まだフォント探しで消耗してるの?足りないフォントの検索ができるSketchプラグイン「FontBuddy」の使い方

更新日:2017年10月10日

Animaさんがまた素敵なプラグインを出してしまったようですね…。

他人からSketchファイルをもらったとき、「Missing Fonts」と警告が出ていたことはありませんか?

そうそう、こういうやつです。

そんなときに、自動的にフォントを探してインストールしてくれるプラグイン「FontBuddy」が公開されました!

FontBuddyの使い方

まずはサイトからダウンロードします。メアドの登録が必要です。

ダウンロードしたらFontBuddy.sketchpluginを開いてプラグインをインストールします。

インストールしていないフォントが使われているSketchファイルを開いてみると緑色の表示が出ています

クリックすると、該当のフォントが検索されてプレビューが表示されます。

フォントをInstallしてSave & Reloadしたらインストールしたフォントが反映されました!

そのままインストールできるのはGoogle Fontsのみ

上記のサンプルはフォントがGoogle Fonts上にあるパターンです。もしもGoogle Fonts上に該当のフォントがない場合は、メニューからプラグイン→FontBuddyを選択して、表示されるGOOGLE ITをクリックするとブラウザが立ち上がり、「download ○○○ font」というキーワードで検索をしてくれます。

タブを切り替えてAll Fontsにすると便利

MissingからAll Fontsに切り替えると、Google Fonts上のフォントがすべてプレビューできます。インストールしたいものはその場でポチればすぐインストールできます。

これさえあれば、もうフォント探しで無駄な時間は使わなくてよし!今すぐダウンロードしましょう!

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『デザインツール』の記事