Adobe XDに追加されたZeplinみたいな機能「デザインスペック」でデザイナーと開発者のやりとりが楽になる

更新日:2017年11月16日

Adobe XDが11月のアップデートを発表しました。


今回のアップデートの目玉機能は「デザインスペック」
こちらの記事には英語版でしか使えないと書いてあったんですが、さっきアップデートしてみたら使えました。

Adobe XDのデザインスペックとは?

エンジニアの方がPSDやSketchデータを見ながら実装するときに困るのが、余白・サイズやフォント・カラーの読み取りです。ただのSketchファイルからそれらを読み取るためにはレイヤーを動かしたり、消したりと作業が発生してしまうことも。本当は画像アセットの書き出しと、それらスタイルの読み取りだけできれば事足りるんですよね。

そういったことを解決してくれるツールがZeplinというものだったり、InVision内にあるInspect Modeだったりします。

Zeplin

InVisionのInspect Mode

こういったデザイナーとエンジニア間のやりとりをスムーズにしてくれる機能が、Adobe XDにも追加されました。それが「デザインスペック」です。

デザインスペック使ってみた

たまたま見つけたXD Guruというサイトからサンプルを適当に拾ってきました。

こちらのプロジェクトになります

右上のボタンからデザインスペックを公開を選択

アップし終わったのでリンクを開いてみます

ブラウザが立ち上がってプロジェクトが表示されます。Adobe IDのサインインを求められました。Adobe ID自体の作成は無料です。

使っている色とかフォントが調べられます

レイヤーを選択すると座標とかカラー・透明度・シャドウの数値も取得できます

リンクが付けられているボタンを選んだら、行き先のスクリーンが表示されました。これをクリックすると該当のスクリーンに切り替えられます。

なかなか完成度高め。アセット使わないならアリかも

結構便利そうだし、エンジニアの方も無料で使えるし良さげ。ただしアセットの確認はデザインスペック上でできないので、活用しているプロジェクトだとちょっと辛いかも?

Zeplin+SketchもしくはInVision+Sketchでうまくいっている場合は乗り換える必要ないでしょう。

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹

Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。


Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『デザインツール』の記事