プロトタイピングツールAtomicがSketch Pluginをリリース。

更新日:2016年7月13日

UIデザイン&プロトタイピングツールのAtomicがSketch Pluginをリリースしました。
Complete your workflow with the Atomic Sketch Plugin
Our Sketch Plugin for exporting to Atomic is here

Atomicって?

Atomicはブラウザ上でUIデザインを作ったり、ホットスポットという機能でアニメーション付きのプロトタイピングができるツールです。タイムライン上でアニメーションを編集できるので、ちょっとFlashぽい操作性です。

Sketch Pluginで出来ること

今回出たSketch PluginではSketch上で作ったデザインをAtomicの中のプロジェクトにエクスポートしてアップロードが出来ます。

しかもAtomic上に書き出されたデザインはちゃんとパーツ・レイヤーごとに別れて書き出されるので、あとで編集することができます。

※日本語は文字化けするぽいです

チュートリアルもあるのでぜひ使ってみたい方はこちらをごらんください。

 

InVision vs Atomic…?

デザインツールとプロトタイピングツールの融合といえばInVisionがベータリリースしているCraftでしたが、プロトタイピング機能はまだリリースされていません。Atomicが先に出してしまいましたね…しかもAtomicはアップしたデザインデータを編集できてしまいます。CraftはSketch上でアニメーションを付けられるようにするというものなので、微妙にAtomicと違うかなと思うのですが、やりたいことは一応同じ。そして後ろからはAdobe XDも迫ってきています。

プロトタイピングツール戦争、まだまだ加熱していきそうですね!

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹

Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。


Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『デザインツール』の記事