気になるプロダクト

Snapchatが1億ドルで買収しようとしてる検索アプリ「Vurb」って何なの?

2016-8-17


若者に大人気でユーザーをどんどん増やしているSnapchatが大型買収を行うようです。
Snapchatがモバイル検索アプリVurbを1億1000万ドルで買収予定
今回の買収でDAU1億人以上のSnapchatがVurbの機能や体験を取り込むとすると、今までGoogleの一人勝ちだった検索市場に大きな変動が起きるのかもしれません。

Vurbって何なの?

phone-hero
Vurb: Find and save things to do

Vurbはモバイルに特化した検索アプリで、その人の関心がありそうな情報をパーソナライズして教えてくれたり、探した結果からGoogleMapやUber・OpenTableに移動して予約が出来たり、集めた情報をチャットUIで友人に共有できたりします。

全体的な設計として、モバイルに特化していること、そしてVurbで検索して計画を立てて行動を起こすという体験を軸に様々な機能が用意されています。

SnapchatとVurbのこれから

phone-intro

GoogleはPCから始まったサービスでかなり息の長いサービスです。誰もがどの端末で触っても同じ体験が出来るという意味では、みんなが使い慣れていて離れないサービスなのかもしれません。それに対してVurbはモバイルに特化しているためPCの機能に引っ張られることがなく、自由にUIを設計することができました。ですのでスマホならではのUIをふんだんに取り入れて、とても使いやすいカード式のUIやチャット風のUIを検索機能に絡めて設計されています。

しかし大きなマスプロモーション展開が出来なかったようで、思ったようにユーザー数は伸びなかったようです。そこで手を差し伸べたのがSnapchat。Snapchatはユーザー数も多く、コミュニケーションアプリとしての広がりはものすごい勢いですが、今後ビジネスとしてより強くなっていくためには広告事業の拡大やEC事業のような商売をやっていかなければなりません。Snapchat上にVurbの体験が取り込まれ、友人と計画を立てて物を買ったりお店を予約する…ということが出来るようになれば、その売上の何%かをSnapchatがフィーとして受け取ることが出来るかもしれません。

移り変わりが速く、何が世の中をひっくり返すのかわからないのがITの面白いところ。もしかしたら3年後、検索は当たり前のようにSnapchatで行われているのかもしれません。

書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji