InVisionがデザインツールに投資する500万ドルのファンドを発表。InVisionが目指すのはセールスフォース?!

更新日:2017年12月19日

InVision…止まらないですね…。もう年内の発表はV7で終わりかと思ってたら…。
今度はInVisionが新たに投資ファンドを発表しました。

デザインツールを作るスタートアップのためのファンド

今回発表されたのはコチラ

総額500万ドル(日本円で5.6億円)のファンドです。
デザインツールを作っている会社向けの投資を行うようです。

特にInVisionの新製品InVision Studioでは開発者がプラグインを作ることが出来るようになっており、InVisionプラットフォーム上で動くようなツールを開発するチームに積極的に投資をしていくようです。

InVisionのユーザーの70%は非デザイナー

おもしろいことに、TechCrunchによるとInVisionのユーザーの70%は非デザイナーであるという内容が出ていました。InVisionはすでにデザイナーだけではなく組織を横断してコミュニケーションをするためのツールとして利用されているってことみたいです。

デザイン界のセールスフォースだ!

We think of InVision as the Salesforce of the design world, giving us the opportunity to embrace and integrate and click design customers into one seamless workflow.

InVision代表のClark氏が、こんなことをおっしゃっているようで。
もう戦い方が一つのツールというよりはプラットフォーム化してきているのは間違いないです。

InVision DSMはよはよはよ!Studioはいつ?!

さて…で、DSMはいつ出るんですかね。年内にでるという発表でしたが…どうなんですかね。そしてInVision Studioはいつでるんですか!早く!!早く触らせてくれー!!!

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『デザインツール』の記事