SketchをダークUIに切り替えられるプラグインが登場

更新日:2018年1月6日

PhotoshopやIllustratorはCS6以降、ダークUIと呼ばれるテーマをデフォルトで採用していて、CS5.5から切り替えたばかりのときは「暗いなぁ…」と思いながらポチポチ設定を切り替えていたものです。CS6やCCが出たのは2012年、もう今年は2018年ですから、最近の若者はきっと「明るかった」ころのPhotoshopなんて触ったことすらないのでしょう。

VS CodeやSublimeTextなどの開発用エディターはテーマを柔軟にカスタマイズすることができますが、Sketchは特にそういった機能を持ち合わせていません。でもやっぱり変えたくなっちゃう人がいるんですね。SketchをダークUIに変えられるプラグインが登場しました。

なかなかカッコイイじゃないですか。

オプションとしてこんな機能も。

  • 選択した済みレイヤーの色指定ができる
  • ダークUIの暗さ・明るさを調整できる
  • ツールバーのアイコンを専用のものに切り替えできる

将来的にはオリジナルのテーマが作れるようになるようなアップデートも計画しているみたいです。

お値段は8ドル。こだわりのある方はぜひ試してみてください。

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『デザインツール』の記事