ユーザーテストをリモートで!Lookbackを試してみたら感動した

更新日:2017年3月29日

Skypeをはじめ、どんどん充実してきているビデオチャット。
WebRTCという技術を使った「appear.in」は画面の共有ができたり、「ベルフェイス」のような商談に特化したビデオチャットツールのようなものもあります。

そんな中、今回紹介したいのはアプリやWebサイトのユーザーリサーチに特化した「Lookback」というサービスです。

ユーザーテストを生中継!顔を見ながら画面を共有

このサービスの一番の肝となる機能。それはビデオチャットで顔をうつしながら、操作している画面を共有できるというものです。

左にテストしてくれているユーザーが操作している画面、真ん中にテストしてくれているユーザーの顔、右側にはチャットが備え付けられています。

で、試してみました。こんな感じ。

自作自演です。他人と試したい…。

いつでもユーザーテスト。結果をみんなで共有できる

生中継もできるのですが、時間が合わずにできないときにはセルフテストという機能が便利。
テストしてもらいたい人にあらかじめURLを渡しておくと、いつでも好きなときにユーザーテストを実施し、終わったら結果の動画をサーバーにアップロードしてもらうということができます。

忙しい人にはコレで協力してもらいましょう。

より強力なデスクトップアプリも

Lookback自体はWebサービスなので基本的にはブラウザで利用するのですが、デスクトップ版アプリも用意されています。デスクトップ版アプリは録画・録音をより協力にしたもので、オフラインの状態でも使えるようになっています。Web版でアプリのテストを行いたい場合は、テストしたいアプリに専用のSDKを組み込む必要がありますが、デスクトップ版アプリを利用すると、iPhoneをケーブルで繋いだ状態で録画ができるためSDKの組み込みが必要ありません。

InVisionなどとも連携

実際にアプリが出来上がっていなくてもプロトタイプを共有して試してもらうこともできます。

InVisionやMarvel、Proto.ioと連携しているようです。

実際に触っている画面がどういう状態で動いているのか確認したり、触っている人の表情まで記録できる!(ちょっと恥ずかしいけど)
ユーザーテストや、開発中のアプリのフィードバックなんかにも使えるんじゃないでしょうか?
14日間無料で使えるようなのでぜひぜひ試してみてください!

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『デザインツール』の記事