画像(imgタグ)の下にできる隙間を無くす方法

更新日:2018年6月30日

HTMLで画像を配置したとき、なぜか下のほうに隙間ができて困ったことはありませんか?

こんな感じで画像をdiv要素で囲い、囲ったdiv要素に色をつけてみると、下に隙間ができていることがわかります。

HTMLとCSSはこんなふうになっています。

<div class="wrapper">
<img src="sample.jpg">
</div>
.wrapper{
background: gray;
}

この隙間、無くす方法がいくつかあります。

divの高さを指定する

囲っているdivの高さを画像と同じ高さに固定します。

今回のサンプルでは画像の高さが300pxなので、.wrapperの高さを300pxにします。

.wrapper{
background: gray;
height: 300px;
}

高さを固定したら隙間が消せました

ただこの方法だと画像が差し替わってサイズが変わってしまったときに対応できません。

img要素をブロックレベル要素に変更する

通常、img要素はインライン要素になっていますが、これをdisplayプロパティでブロックレベルに変更すると、余白を消すことができます。

.wrapper{
background: gray;
}
img{
display: block;
}

inline-blockでは消えません。

どうしてもブロックレベル要素にできないということもあるので、こちらもあまり推奨と言えるやり方ではありません。

[推奨] img要素をvertical-alignでbaseline以外に指定する

img要素はインライン要素のため、通常ではvertical-alignがbaselineに指定されています。この状態で画像と一緒にテキストが並ぶと、フォントのベースラインと画像の下部が揃っていることがわかります。

隙間の原因はこれです。そこで、vertical-alignをtop・middle・bottomに指定すると、隙間がなくなります。

.wrapper{
background: gray;
}
img{
vertical-align: bottom;
}

謎の隙間問題はvertical-alignの指定で解決

img要素の下にできてしまう隙間をなくすには、vertical-alignをtop・middle・bottomにすればOK。困ったときは試してみてください。

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『Webデザイン』の記事