Sketch43へのアップデートは要注意!ファイル構成が変わって古いバージョンでは開けなくなります

更新日:2017年4月7日

昨日、Sketchの最新バージョン43がリリースされました。
Sketchを立ち上げると更新のお知らせアラートが表示されます。
詳しいアップデート内容はコチラ
Improved Shape Editing and More in Sketch 43

Sketch43で作成したファイルは古いバージョンでは開けません

With this release, we’ve introduced a new Sketch file format, which means documents created with Sketch 43 will not be compatible with previous versions.

Sketch43で作成したファイルは、以前のバージョンのままでは開くことができません。また古いバージョンで作ったSketchファイルを43で一度開くと、古いバージョンでは開けなくなります。会社の中でバージョンにバラツキがあると、作業ができなくなってしまうため要注意です。

一部のプラグインが動かなくなる可能性があります

Single-file plugins will no longer work in Sketch 43. We’ve filed these under ‘legacy plugins’ for a while now, so you might already know if this affects you. If it does, you’ll want to get in touch with the developer behind the plugin(s) you use and ask for an update.

適切にアップデートが行われていないプラグインは動かなくなる可能性があります。プラグイン作者が更新を行っていない場合は使えなくなってしまうので注意してください。

今すぐアップデートするべき?

今回のバージョンアップは後方互換がない大きなアップデートです。リリースが迫っている、間もなく納品…というプロジェクトでSketchを利用している場合は落ち着いてからアップデートをした方がいいでしょう。バグの修正なども行われているので、内容をよく確認してから慎重にアップデートしてください。
Sketch Update

書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji