ロゴマークの検証に役立つ!「Logo Lab」を使ってみた

更新日:2018年10月24日

デザイナーであるからには、Webデザインやバナー等だけではなくアイコンやロゴマークを作らなければいけない場面もあると思います。軽く色々と案を出したり、プロダクトやサービスの想いを汲み取ったり、、、。ロゴ作りは調査から制作、検証まで色々とやることが多く大変です。
せめて検証だけでも楽にしたい…!なんて思いを叶えるサービスがありました。

簡単な操作で、すぐに結果が確認できる

ロゴマークをアップロードすると、各分析結果が出力されます。アップロードすることで視認性やわかりやすさ、他の大手ロゴと並んだ際のバランスなどを分析してくれます。

分析内容

・バランス
・モノクロ色バランス
・カラーブラインド(色弱や色盲の方からの見え方)
・スケーラビリティ(大きさ)
・コンテナ(縦長や横長でも違和感がないかどうか)
・ピクセレート(解像度)
・ブラー(ぼかし/ぼやけ)
・スライス(一部分のみでの見え方)
・APPアイコン
・アテンション(大手ロゴと比べた時に優れているか)

ここまでの内容をすぐに確認することができて非常に便利です。
特にカラーブラインド、APPアイコンなんかはPhotoshopやIllustrator上ですぐできるわけではない(合成や色の変更が必要)ので簡単操作ですぐに確認できるのは非常にありがたいと思います。

ロゴマークをアップロードするだけの簡単仕様

色盲の方の見え方が分かる

解像度が低い場合。あまり細かすぎるアイコンだとわかりにくくなってしまいます

APPアイコンでの再現も。iPhoneとAndroidと両方が用意されています

大手有名ロゴと並んだ時に、自分のロゴがどう見えるかを確認できます。

わかりやすい検証結果を出せるメリット

ロゴは提案時にプレゼンテーションがある場合もありますし、様々なパターンでの結果を提示できるのは大きなメリットかと思います。
会社やプロダクトにとってロゴマークは非常に重要な役割を持ちます。モノクロでの視認性確認はできても、色盲の方の見え方まで毎度チェックするのはなかなか大変です。こうしたサービスはデザイナーにとってありがたい存在ですし、どんどん活用できるとよいですね。
今まで作ったロゴなんかを確認してみても面白いかもしれません。みなさんもぜひ使ってみてください。

試したい方はこちらから

@moriom_d 書き手: もりむし
未経験×独学からデザイナーになりたくてなった人。 フルスタック修行中。
Twitter: @moriom_d

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『気になるプロダクト』の記事