まとめ

デザインは進化しているのかもしれない、けどほんの少し寂しい気もするんだ

2016-8-30


InstagramやAirbnbなどのUIデザインに見る新しいトレンド
こちらの記事を読んで。

先に述べたように、私たちのよく使うアプリの外見がどんどん似通ってきています。何故かというと、技術とは模倣合戦だからです。これらのデザインリニューアルはどれも概ね好意的な反応ですから、新しいアプリも古いアプリも、CRのトレンドに参加すると予想します。

白黒の操作画面を「個性の欠如」と批判する人もいますが、直に落ち着くでしょう。アプリは機能を使うためにあって、個性のためにあるのではないのです。

これはつまりあなたの持つiPhoneのホーム画面が、あなたを快適な旅へと誘う、色とりどりのモザイクの扉に過ぎなくなるということです。

でもちょっとさびしいなぁ〜と思うところもあり。
例えば昔はPhotoshopのブラシ素材、とにかく多種多様なフリーのブラシ素材が世界中で配られていて、それを組み合わせるとかっこいいサイトが作れたりしました。僕は使いもしないブラシ素材集めに夢中でした。
Illustratorを駆使したすごいアイコン職人の人もいました。凝り過ぎだろうっていうくらい隅々まで色彩にこだわって、本物志向なアイコンが描かれていました。

どんどんシンプルで、より体験に特化したデザインになっていく。
わかります、その流れが止められないのはわかります。
アナログレコードがなくなってCDになり、やがて物質的な音楽媒体がなくなってしまったように、デザインも変わっていくのかもしれないですが、アナログレコードが良かったという人もいるはずで。

日本語を載せたらダサい問題もあります。日本語が良くないのか。それとも海外の人から見たら日本語でもクールに見えるのか。

ほんのちょっともやもやした気持ちになりました。
さて、台風直撃。出勤・お出かけは十分ご注意を。

書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji