InVision入門(はじめてのプロトタイプ作成)

更新日:2017年11月19日

前回に引き続き、今回はプロトタイプの作成を説明します。

プロジェクトを作成する

ログインをしたら「+」マークをクリックします。

「PROTOTYPE」「BOARD」「FREEHAND」と表示されるので、今回は「PROTOTYPE」を選択します。

プロジェクト名を入力して、デバイスを選択します。

SketchやPhotoshopのプラグインからアップすることも出来ますが、今回は直接ブラウザから画像をアップします。

画像のインポートができました

画面遷移とトランジションの設定をする

ここからアップした画像にボタンや画面遷移の設定を行っていきます。

スクリーンをひとつ選択します。

下のタブからBUILD MODEを選択します。

ボタンに設定したい場所をドラッグ&ドロップで選択します。

Select a destinationからPrototype Screensを選択して、リンク先となるスクリーンを選択します。そしてGestureとTransitionを選択します。

必要な箇所を設定し終わったら、下のタブを切り替えて「PREVIEW MODE」に変更し、確認をします。

ステータスバーの表示設定について

右下の歯車をクリックすると、ステータスバーの設定が変更できます。色の変更や、表示・非表示が選択できます。

InVision入門(はじめてのプロトタイプ作成)まとめ

プロジェクト作成から画像のアップロード、ページ遷移の設定までをまとめました。次回は作成したプロジェクトの共有について紹介していきたいと思います。

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹

Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。


Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『デザインツール』の記事