ネットフリックスでエル・チャポの配信スタート!ナルコスを超える名作の誕生か?!

更新日:2017年10月28日

ネットフリックスでエル・チャポの配信が始まりました!こんなの作ってたのかネットフリックス!!熱い、熱いぞネットフリックス!!

どうやらアメリカでは今年の4月から配信されてたみたいですね!

パブロ・エスコバルを描いたナルコスに続く「麻薬王」のストーリー

「史上最大の麻薬王」
「パブロ・エスコバルに匹敵する影響力を持つ麻薬界のゴッドファーザー」
「地球上で最も残酷で危険で恐ろしい男」

このオリジナルドラマの主人公、ホアキン・グスマンは「ナルコス」に登場したパブロ・エスコバルに並んで超有名な麻薬王です。

それにしてもネットフリックス、麻薬王のドラマ大好きだな…。やはりナルコスの大ヒットがこの作品につながっているのでしょうか?

グスマンのすごい伝説

ちなみにこのグスマン、まだ生きてます。パブロは射殺されてしまいましたが、この人は何度も刑務所に入っては脱獄を繰り返した「脱獄王」でもあります。

一度目の脱獄

1993年に逮捕されたグスマンは、2001年に脱獄。78人の看守に賄賂を配って、清掃作業車に隠れて脱獄を成功させました。その後、2014年にメキシコ軍とアメリカの共同作戦で再び逮捕されます。

二度目の脱獄

2015年に再び脱獄。2016年に激しい銃撃戦の末、再び逮捕されます。2017年にはアメリカに移送され、現在に至ります。

フォーブスの長者番付に載る

パブロ・エスコバルもフォーブスの長者番付で世界で7番目の金持ちとして名を馳せましたが、グスマンも世界影響力ランキングでは63位になったことがあります。その総資産は推定10億ドル(約935億円)と言われています。

ナルコス超えなるか?!

コロンビアの麻薬戦争を描いて大ヒットとなったナルコス。

そしてメキシコの麻薬王を描いたエル・チャポ。

果たしてエル・チャポはナルコスを超えることはできるのでしょうか?

ちなみにナルコスは舞台をメキシコに移してシーズン4が制作されるはずでしたが、現地でスタッフが殺人事件に巻き込まれるというトラブルがあって、制作は難航していそうです。

@yoshikikoji 書き手:小島 芳樹

Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。


Twitter: @yoshikikoji

この記事が気に入ったらいいね・フォローお願いします!

『コラム』の記事