まとめ

来週はいよいよWWDC。発表されると噂されていることまとめ

2016-6-11


Appleが毎年恒例で開発者向けに行っているイベント「WWDC」がいよいよ来週に迫ってきました。今回は事前にAppStoreにまつわる重要な発表について各国の限られたプレス向けに電話インタビューで回答するなど、今までとは違ったメディア対応が行われています。
App Storeに加えられる3つの改善――林信行がフィル・シラーにインタビュー

来週に向けてどのような発表が行われるのか、発表されると噂されていることをまとめました。

開発者向けイベント。ハードウェアの新製品の発表は基本的に控えめ。

WWDCはサードパーティの開発者のためのイベントという位置づけのため、新しいハードウェア製品の発表は少ないとされています。新デバイスや新iPhoneの発表などは秋になるだろうと言われています。

iOS10の発表

iOSのナンバリングもいよいよ次で「10」に。OSの大幅バージョンアップは開発者にとってインパクトのあるもので、改修作業も発表するためこのタイミングでの発表が予想されています。暗いところでディスプレイが見やすくなる「ダークモード」などの新機能があると噂されています。

OS Xの名称がmacOSになる

iPhone・iPadはiOS、AppleWatchはwatchOS、AppleTVはtvOSという名称のため、今回のタイミングでMac OS XがmacOSという名称になるという話。Appleの公式サイトで間違えてちょこっとこの名称が出ちゃったみたいです。

SiriちゃんがMacでも動くように

MacにいよいよSiriが組み込まれるようです。いつか「Siri、アプリ作って」「おまかせください」なんてことが実現するようになるといいですね…。同時にSiriが大きくアップデートするという噂もあります。またサードパーティアプリでSiriが使えるようになるという話も。

AppleMusicのデザイン変更

定額音楽配信の「Apple Music」は世界中で1300万人の有料ユーザーがいるそうです。しかし今までにない音楽視聴スタイルが生まれ方で「音楽との出会い方」に変化が起きています。Apple Musicは理想の音楽視聴体験を実現するために大きなデザイン変更が行われるようです。

iMessageのAndroid版が出る

Appleは自社サービスをより多くの人に使ってもらうためにより広くサービスを公開するという方針でiMessage Android版をリリースするという噂があるようです。今からメッセンジャーアプリなの?という気がしましたが、Apple MusicはAndroid版もあるので可能性はゼロじゃないですよね。

Microsoftが勝手にWWDCアフターパーティをやっちゃう

現地時間で13日の夕方からWWDC会場の近くで「Xamarin & Microsoft WWDC 2016 Party: THE FUTURE OF APPS」というイベントが開かれるようです。参加費用無料で食べ放題・飲み放題・くじ引きで豪華景品プレゼント・マッサージチェアなど大盤振る舞い。開発者に向けたXamarinの宣伝目的のようです。

いろいろな事前発表や噂が飛び交っている状態ですが、WWDCはいよいよ来週。行けない人はどこかで実況を見るもよし、まとめてニュースでキャッチアップするもよし。見逃せない内容が盛り沢山になりそうで楽しみですね!

書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji