超簡単!Quipで共用のTODOリストを作ってみる

更新日:2017年3月17日

先日公開したこの記事
ドキュメントツールのQuipがめっちゃ便利!少人数のスタートアップとかはすぐに使ったほうが良い
だいぶ反響がありまして。Salesforce中の人もシェアしてくれてありがとうございます!!!
自分でもさっそく仕事で使ってみてるんですがホント便利!
今回はQuipを試してみたいチーム向けに、共用のTODOリストを作ってみませんか?という提案です。

ちょっとしたTODOを共有して管理したいとき

チームで何かタスクを整理したとき、何か大きなタスク管理ツールを入れるほどでもないけど、お互いの進捗状況など知っておきたいよねというときがあるかと思います。そこで役に立ちそうなのがQuipの文書機能の中にあるチェックボックスです。

実践!TODOリスト

まずは任意の場所で新規文書を作成します

タイトルつけます。

右側の方に書式を選ぶアイコンが出るので「チェックリストを挿入」を選択。Markdown形式で書けるので慣れている人はそっちのほうがいいかも

内容を書いていきます

共有したい人に送ります。グループにすでにいる人やメールアドレスで招待も出来ます。共有すると、チームでリアルタイムにこのTODOリストを編集することが出来ます。

「@」マークを入力するとこんな吹き出しがでます。

日付でリマインドしたり…

人を指名してメンションを飛ばしたりできます

タスクが終了したらチェックボックスをクリック。取り消し線がつきます。

やりかけのことや、何かタスクで問題が発生したらこんな感じでコメントを使ってみてはいかがでしょう?

行の左側にでる上下矢印をつかむと入れ替えもできます

iPhoneでみるとこんな感じ。見やすい。

Quipの導入、最初は簡単な情報共有から

おそらく大体の会社でMicrosoft OfficeやGoogleドキュメント・スプレッドシートなどを導入していると思うので、ワードプロセッサアプリであるQuipのメリットはなかなかわかりづらいかと思います。なので一旦こういうちょっとしたメモやTODO管理から試してみてください。リアルタイムに共同編集でき、さらにチャットなどで通知が来る…使っているうちになんだか仕事のやり方が変わっていく実感が湧くのではないでしょうか?

書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji