Craftより良いかも?Sketch上でプロトタイピングするプラグイン「Mirr.io」触ってみた

更新日:2017年5月30日

先日こんな記事を書いたわけですよ
ついにSketch上でPrototypeの作成が可能に…!待ってました、Craftバージョンアップデート!!
で、皆さん喜んでらっしゃったじゃないですか。そしたらびっくりですよ、あっという間に同じようなプラグインが出てきちゃって。しかもなんかCraftのPrototypeより良さげなんです。とりあえず試してみてくださいね。
Mirr.io

使ってみた

まずはアプリをインストールします。Macアプリがあるのでダウンロードしましょう。

アプリを立ち上げるとこんな感じ。プラグインをインストールしろって言われます。

こんなサンプルアプリを用意しました。STARTを押したらGOALのスクリーンに遷移する感じです。

ボタンにしたいレイヤーを選択して、プラグインからMirr.ioを選択し、Add Actionします

アクションとトランジション、そして遷移先が選択できます

ここまでで一旦Sketchを保存します。
先程インストールしたMirr.ioのアプリに、作成したSketchファイルをドラッグ&ドロップで放り込みます。

こんな感じになりました。

File>Open Local URLっていうのをやるとブラウザで確認することもできます。同じネットワークに繋がっていればスマホでも見れたり。
Publish to Webっていうのをやれば公開もできます。それがコレ。
サンプルアプリ

なんか…結構便利じゃないですか?InVisionへのログインもいらないし…あれれー?そんなに使い心地悪くないですよね…。Craftもこれぐらい出来てもいい気がするけどアニメーションとかちょっとイマイチ…。簡単なプロトタイピングしたいだけならSketchとMirr.ioで十分なのかも。

それにしてもちょっとこういったツール増えすぎですよね。そろそろ落ち着いてもいい頃かなって思ってたのにまだ落ち着かない。これだけ新しいものがバンバン出てきちゃうと普通は追いきれないし、業務にも組み込めない。皆さんどうしていらっしゃるんですかね、

書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji