プロトタイピングツールのFramerがより強力なアニメーション作成機能をリリース

更新日:2016年10月14日

プロトタイピングツールのFramerがv73をリリースし、オートアニメーション機能がより強化されたという発表がありました。
Introducing Auto-Code for Animation Design

Framer、昔はJavaScriptで色々書かなきゃいけなかったのが今ではめちゃくちゃ簡単なツールになっちゃいましたね…!
今回の新機能のイメージはこんな感じ。

アニメーションを操作するためのパネルが充実してきました。
何か変更をするたびに自動的にアニメーションが自動再生されるとのこと。これって結構地味に嬉しい気がします、変更するたびに書き出し…アニメーション再生ボタンをクリック…ってだるい感じがしますよね。そういうのは一切なしです。

FramerはSketch連携機能もついていますので、組み合わせるとより強力に。
Sketch Import
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-8-11-37

Framerはデザイナーのためのデザインツールであり、コーディングを学ぶプラットフォームであることを表明しています。
今後もこのようなアニメーション作成を補助する機能を追加しつつ、VRのプロトタイピングなどにも挑戦していくようです。
Design for virtual reality

昨日もPlayStation VRが発売され、いよいよ本格的にVRコンテンツの時代がやってきました。
現時点ではほとんどのデザイン・プロトタイピングツールがスマホやWebサイトの作成のためのものですが、これから2〜3年で一気に新しい表現を可能にするツールが登場してくるのかもしれません。

書き手:小島 芳樹
Webやスマートフォンアプリによるサービスを開発・提供する会社で働いています。
Twitter: @yoshikikoji